げっぽう!2018年4月~ごくひんの終わり~

お金に目が繰らんだ人

どうもロマサラです。

4月前半は本格的に学習に取り組めていたのですが、中盤あたりから、初めての抜歯をして、切ない痛みにしくしくしたり、リワークが本格的に始まるということで謎に忙しさを感じていたりして、色々やってたけど、あまり進捗を感じられない感じでしたね。

やることが増えて、ちゃんと振り返らないと進捗確認ができないような状態だったんですかね。今6月なのに4月分の活動履歴見て導入書いてるあたり、初めてのことばかりで疲れていたんだろうなと思います。

タイトルも「ごくひん!」から「げっぽう!」に変えました。国の厚い保護のおかげで、明日食べるものにも困るという状態を抜け出せたので、これからは節約しつつ月の活動報告を上げていければと思ってます。

じゃあ、今月を見ていきましょう!

4月のピックアップニュース

ジャック・マーが語った「ビジネスの成功に共通する鉄則」

ジャック・マーさんええ人やな。IQ,EQ,LQやコメントのいちいちが染み入る。こういう人になりたいと思い続けるのは決して悪いことじゃないと信じて、理想的な人物の一人にいれちゃう。

「底辺校」出身の田舎者が東大に入って絶望した理由

たまたま東京の大学に来ることになった田舎出身の自分からすると同意できる部分は多い。学生時代に将来まで考える機会があれば気づくチャンスはあるとは思うが。。。インターネットの発達で今後は田舎だから大学を選択肢に入れないとかはなくなっていくと思うから、世代交代を見据えて長い目で見ると将来勝手に消える問題だと思っている。

「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた

どこでどれだけ垂れ流せば終わりが見えるやら。事業創造が難しいのはわかるが、きちんとリターンまでの道筋が見えた中で投資できているのか?またPDCAをまわす仕組みがあるのか。生活が苦しくなれば否が応にも国民は政府の支出に注視することになるから今くらいチェックが厳しい中で国政は運営されてっていいと思う。一方政府視点が読めない自分の能力不足はあるのでやっぱり勉強したい。

プラ分解 酵素を偶然作製

セレンディピティー久しぶりに見たわ。環境問題の解決に一歩近づいた。あとは効果とコストの話。とはいえ、不法投棄する人の行動や性質が変わらないと別の問題を引き起こすのではないかと思ってしまう。

医療医薬品 誇大表現30件

医薬品開発は性質上奨励が不可欠なので、国から優遇されていると思っている。なので、こういう不正はせんで堂々とやって欲しい。それでも充分な利益が出てるはず。同時に消費者も丸呑みではなく何事にも基礎知識と疑う力がないと本当やられっぱなしですなー。

Amazonが銀行業へ参入検討

Amazonやグーグルの新サービスはクールなものが多いなあ。銀行や証券、融資の金融方面までカバーしてくれるならアマゾンプライム加入すると思う。とはいえタックスヘイブンの脱税問題あっての超成長と考えると少しずるいなあ。いや、賢いのか?

Google「Funding Choice」の正式提供を発表

これブログ書いてる側からすると有難いが、やっぱり1ユーザーとしての感覚の方が全然強いから、ちょっと不便だなーと思ってしまう。メディアのコンテンツの質が落ちるよりは良いから仕方ないかーという感じ。

パスワードに依存しない認証「WebAuthn」

これ便利。早く恩恵にあずかりたい。

「子ども食堂」は「おとな食堂」になっていないか? 大人の理想と都合で開店して閉店!子どもの声なき声に耳を傾けて

少し前の記事だが流れてきた。「あすのば」頑張ってる。社会人としての自立度が上がったらこういう活動の一員になりたい。

年金支給年齢の引き上げ提案 財務省65歳から68歳へ

んま、そうなるわな。国外への渡航への税制といい、「何につかっとんねん・何につかうねん」につきる。信用できなくなってるときこそ、興味関心を持って、正確に捉えられるよう学ばねばなあ。

ノーベル文学賞が機能停止の危機「疑惑の男」

嫌んなるね。被害者には酷だけど「me too」の流れでこういう不正を世に出して膿を出し切って欲しい。それが将来への被害者を減らことになるから。不正の味をしめたダサい大人にはなりたくないですな。

「コラーゲンが肌に良い」はニセ化学科か、それとも ひとつの答え

これなー。本当に。まずは疑う。明確なエビデンスが正しいと思われる方法で提示されているのなら、納得し、知恵として利用する。しかし、それもまた覆される可能性がある。それを各自が理解して、情報と向き合い続ける姿勢がないと結局自分の益となる情報として処理できないよなー。

歴史学者廃業記 歴史喪失の時代

歴史学は1つの到達点にきたの?書いた人が今の歴史学者達に満足していないのはわかった。内容は上手く汲めなかったけど「学者のあり方」みたいなものに興味を持ったので一応残しとく。

教育格差「当然」「やむをえない」6割超 保護者に調査

個人的には「やむをえない」。これは私が所得の上昇が個人の努力の結果と考えているからである。子供のための努力。自分のための努力。その結果なんじゃないのかな?しかし、階層の固定化への危惧は持たないといけないと思う。よりよい教育だって受ける側、受けさせる側の苦労もあるだろう。所得などなくても自分で教えられるようになればいいじゃないと思っちゃうなー。

甘い清涼飲料に「砂糖税」アジアで広がる

世界的に肥満の増加が著しいし、日本人は民族的にⅱ型糖尿病になりやすい。しかも糖は「エンプティカロリー」といわれるくらい他の栄養がないので、嗜好品としての扱いに近い方が国民全体が健康的になると思う。

なぜ私は「女性の味方をしようという善意をもったMさん」に強い反発を感じるのか

ニュースじゃないんですけど、これは考えさせられた。正直言いたいことを言ってくれた記事。発信で世の中に思考の契機をもたらすのは素晴らしいが、やり方にもっと拘る必要があるなあ。これは盛大なブーメランにもなるので身を引き締めようと思います。

発見

・ヤフーセキュリティの案内
いちいち自分のバージョンを調べるんじゃなくて、ページを開いたらもう結果がわかっているというこのページに大分気持ちよさを覚えた。

音楽(今回は感動したCM)

フコク生命「ちょうどいい関係」
映画の「何者」もう一度見たくなる

感想

四月で新卒も入ってくる中自分は何をしているんだろうと思う気持ちもありつつ、それ以上に多くを学べばいいと思って、もがいている感じですね。かつて大学時代はあんなに勉強がつまらなかったのに、こんなに自分が勉強するようになるとは思いませんでしたわ。内発的動機付けが大切だよね。と同時に、これから子どもたちにどのように動機付けさせるかが結構大切なんじゃないかなとも思いました。

来月はまるまるリワークで一週間使う生活が始まる中、FP3級のテストもあるのでそろそろ本格的にやっていきたい。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です