げっぽう!2018年5月~節制と解放、落ち込みまくる5月~

すっからかん

どうもロマサラです。

5月はですね、大分精神的に落ちましたね。リワークが始まって意外とまだ脆い自分に直面して上司クソか!と他責したり、カウンセラーの方の配慮に救われたりと結構激動でした。やり場のない強い感情を持て余した時期でもありました。

日記を書き始めた月でもあります。消費欲も凄く高まって1年以上にわたる節制の反動か買い物欲が凄く結構衣服費に突っ込んでしまいました。

節約面では、ようやくはれて携帯電話をSIMフリーにして、楽天モバイルに変えてきました。これは想像以上に快適で絶対記事書いてやろうと画策しているところであります。

また、FP3級も受けました。体験記も書きたいなー。かろうじてFPとるくらいの余力しかなく結構しんどい時期でした。

まあ、その反動での買い物なんでしょうね。

さあ!今月のまとめにいきましょう!

5月のピックアップニュース

ALS患者の異常たんぱく質を除去方法を開発

ついにきたか宇宙兄弟。ありがたい。こういうニュースはありがたみしか感じない。科学の信奉者だなあ。

AYA世代 発症しやすいがん 30代「乳がん」トップ

全然人事でないことに恐怖を覚える。いつ発症しても後悔ないよう生きたいなあ。どんどんデータをこういう社会価値のあるものに変えていって欲しい。

使い捨てプラ製品禁止を 欧州委提案

最近のEUはやたらダイナミックな動きをしている印象。コストはかかれども宇宙船地球号の意識で頑張って欲しい。各国も成功事例が作れれば追従するはず。

「認知症薬」撤退相次ぐ 研究成果乏しく

日本の死因ランキングが上がってきているアルツハイマー。肉体の苦しみも辛いが忘れていくのはまた違った悲しさがあるので、どうにかなってくれないかな。アミロイドβの検知技能が上がっても、消せないんじゃ片手落ちよなー。

6年間の企業を終えて

泣ける。スタートアップは成功者のみがピックアップされるのでこういう本当にしんどい話も昔はこうだったで笑い話になるけど、実情はほとんどこんな感じで売却できただけここは成功だろう。でも凄く良かった。

ヒトES細胞、実用化へ一歩

自由に肉体を作れるようになったら、次は記憶移植。私が死ぬまでにどこまで進むだろうか。自由と進歩が幸福を妨げるようになり、規制される日がいつか来るのだろうか。

エストニア、国民1割強のDNAデータベースを構築へ

期待大。エストニアの積極的に技術を取り入れるスタンスは日本の政府も見習っていいと思う。

がん遺伝子検査、数万円で

自分が死ぬまでには悪性新生物が日本人の死因1位の座から引きずり下ろされるだろう。アラフォーになったらアルツハイマーやガンに対して定期的なチェックをしようと思う。

速く安く、犯人の年齢 唾液DNAで半日

こういう表面的な部分での言及で申し訳ないが、こういうキャリアパスに憧れる。能力を公益に役立てる一例。冤罪は無くなり、検挙率も高まると良いなあ。

「ご飯論法」は安倍政権に共通する感覚では

頭のいい人が保身に入ると厄介。頭脳もテクノロジーも使い手が価値を決める。これは本当に唾棄すべき事態。

日銀がついに「敗北宣言」。物価目標2%を諦めるほど、日本は貧乏になっている

消費意欲が減退するのもわかる世情。無駄遣いが減ってよいとは思う。貧しいままではよくないが、社会全体が一旦落ち込むところまで落ち込んで全体の生活水準やシステムを見直す流れになって欲しい。後世のために膿を出し切る契機になるなら身を切る価値はある。

HIVの遺伝子壊す技術開発 神戸大、細胞実験に成功

科学の勝利も近い。ガンも治る世の中になるだろうし、人の死因はいずれ安楽死がTOPになるような世が来るのだろうか。

ITで支援 発達障害向けアプリ

思うところは多々あるが、LITALICOは就職先の最終候補になっていたので、応援していますしいつかジョインしたい。

インクが一滴もいらないプリンター「インクレス」。特別紙もいらず、モノクロでの印刷は無制限に可能

インクのカートリッジで設けるビジネスモデルにとどめ。テクノロジーの進歩に併せてビジネスモデルの寿命は昔と比べて短くなっているのではなかろうか?

Twitter、「User Streams API」を8月に廃止

破壊力ある。ツイッターに依存したビジネスモデルを展開してたところは大打撃。企業である以上、ツイッター本体にユーザーを集めたいのは当然だが、ツイッター経済圏が縮小しては結局ツイッター自体も今後苦しくなるのでは?難しい経営判断。

「クールジャパン」必要性低い企業に補助金

先月もピックしたが、改めて上がってきてくれて嬉しい。どの方面に対しても政府に対するチェックが働き始めたのか?もともと働いていたが私の目に入らなかったのだろうか?PVが取れるようになってきた世の中だからこそより政府方面にメディアが目を光らせているのだろうか。

微生物がコンクリートを勝手に修復 いよいよ市場に

崩落とか怖いんでね。素晴らしい発明。

抗生物質を食べる細菌 詳細判明

畜産関連でも使うので抗生物質は生活とは切り離せない。その中で抗生物質に対して対抗手段があるというのは気持ち的に大きい。マイクロバイオーム領域は本当にたくさんの発見がこれから出てきそう。

医療機関、ウェブにも広告規制 患者の体験談も禁止へ

医療関連は体験談など全く意味がない。数値的根拠のある治療を受けたい。証明されているものが全てではないが理解不明なものによる治療が最終選択肢になる世界観のが良さそうと思っている。

新天皇即位で恩赦検討 微罪や復権に限定

目出度いことが、恩赦につながる理由が全くわからん。ちょっと調べないと全く理解できない。悪いことを打ち消すのではなくて、既存を上昇に導く方面で使われて欲しい考え方。

抗菌薬:乳幼児は服用注意を アレルギー発症率1.7倍

気をつけたい。健康に育てたいなあ。

14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格始動へ準備

意思決定機関が高度なアルゴリズムに置き換わる日も近いのか?うーん。管理社会は好きな人は好きそう。笑

裁量労働制の捏造された比較でデータ、ばれない為の隠蔽プロセスを検証

政治は荒れてますなあ。長い目で見たとき今は体制の転換期なのかもな。思い出した頃に読みたい。

リニューアルして卒業させる勇気

私は①と②の性質だなあ。食べろぐやインスタがない時代はどうだったのだろう。私なら失敗を恐れて、③を持ちつつ、①を探るという感じだったと思う。

一言

相変わらず、新発見やイノベーションに関心が強いわけですが、さすがに政治系も目立つようになってきた。テクノロジーの発達を凄く感じる一月だったな。マネーはFP勉強したら記事程度じゃ学びにならなくなったので一掃されたなーという感じですね。5月は大分ピックが少ないですね。

国の技術競争は良いのですが、日本結構研究費にお金割かないことで有名だからいつどこでツケがまわってくるかですね。私たちがおっさんになるころだろうとは思うので今から努力して生存力高めとかんとなー。

後学用メモ・発見

・教育無償化
・平成30年度診療報酬改定の概要
・信用格付け

FPは大分発見多かったです。居住地の購入におけるローンって意外と組みやすいなーとか、保険の種類ごとの特徴、相続などはこれはみんな知ってていいんじゃないかくらいの知識でした。

音楽

和田光司 Butter-fly
最近はもっぱら「Butter-fly」聞いてやる気出してますね。人が新しく音楽を学ぶ年齢が少し前記事になってましたが、確かに、私も昔から愛着のある曲ばかりを聴いている気がします。バンドはたまに開拓するんですけどね。

最後に

色々しんどい5月でした。精神的に落ちたし、FPも一息に勉強したので、テスト後2週間ほど疲れが残りました。上手い具合に勉強できないもどかしさと日々の疲れがあって、忘れかけていた社会人の肌感を思い出しました。6月はまた広く勉強して、ブログの更新に力を入れていきたいですね!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です