げっぽう!2018年6月収支~初めてのEC・メルカリの沼~

アイキャッチ

どうもロマサラです。

初めてネットショップで服を買いました。

私はずっと、服は試着しないと嫌なので見向きもしなかったんですが、ちょっと職場用にユニクロのシャツ適当に買お思てぽちりました。

めちゃくちゃ便利やん

なんなんこれ!?

なんか宮川だいすけみたいになってしまいましたが、便利すぎてびっくりしましたね。そうしたら、ふと思うわけです。古着を愛する私はもしかしたらメルカリも使えるのでは?

まあ、鋭いみなさんはお気づきだと思うんですがこれが悲劇の始まりなんですよね。

くっそ安いんです。メルカリ。タイミング次第で本当安く買えるタイミングがあるんですよ。サイズ感が大切だと思っているので、SやMなどのアバウトなサイズだとやっぱり怖いので、持っている服のサイズを調べたり、自分の身体を測り、身幅とか袖丈を聞くと答えてくれるんですよ。

この瞬間サイズの合うブランドに絞って服を探していた私の概念がぶち壊されましたね。最早ブランドに縛られることなく、好きなデザインを探せるんですよ。サイズが合わなければ見逃せばいいし、店員さんに変に話しかけられる必要もなく、試着の必要すらなくなる。こりゃすげーとなりますわ。

結果私はすってんてんになってしまいました。この反省を生かして、しっかり自己投資を重ねて、お金稼がんとなあ。

まあ、しょげてないで早速見ていきますか。

6月のニュース

豆腐の常温販売解禁。来月にも「無菌充填」で

食べたい。豆腐は栄養価的にも優れているので、全人類に普及して欲しい。日本のソウルフードになれ!

こんなに恵まれているのに何もしないのか。メルカリCEOの原体験

「自分がいる世界といない世界で差が生まれるようにしたい」「こんなに恵まれているのに何もしないのか」ここらへんは、共感がある。考え方全般が個人的には凄く刺さった。こういうことをいつか自分も発信できる存在になれたらなと思う。夢はでかく、アイデンティティを大切に、出会いの大切さ。

名声をあきらめ、自らを客観視できなくなり、私は無事、中年となった

Books&Appsの文章量ちょうどいいよね。安定すると居心地の良さゆえ、闘争心を生まなくなるのは当然だなあと思う中、その中でどれだけ自分のステージを上げようと思えるかは社会の課題だと思う。安定して高い成長意欲をなくしてしまった人を批判したいわけでなく、そこからの伸びを仕組みで作ってかないと企業の成長力が止まってしまうのではないか?と思う。その停滞は勤続年数が長くなるだろう高齢社会の日本にはジワジワ利いてくるはず。

人生の極意は「読解力」と「好きなことしかやらない」

枝葉でなく幹を掴む。好きなことが最も精神的に楽に多くの時間を没入できるかつ、満足感高い。の2つかな。簡単に言うが、その「好き」に人生の早い段階で出会えるかまで方法論があれば、教育に活かせるなあ。

配車アプリで生活逼迫 トラック運転手がスト

イノベーションの破壊的側面だよなあ。感情が入れ込む必要のない、かつ、体力勝負の「配送」「引越し」らへんは機械に代行してもらいたいなあ。でも、壊される側の人間の行く先って誰も支援してくれないからなあ。結局一生自分を磨くしかないのかもな。

17年度の税収 26年ぶりに高水準

ヤフーニュースのコメントはサラッと見る分には視点の補助になるが、引っ張られすぎないようにしないとなと思う。所得税と法人税ねえ。何が要因なんだろうな。歳出の半分程度という事実の方が問題だよなあ。

次の子ども、年収800万以上の夫婦でも68%が「金銭面で難しい」

この金額以上だと支援や控除が受けられなかったりするのか。逆に貧困世帯は手当てが厚いということで、中間層が嘆いてる。難しいね。個人的にセーフティーネットは必要だが、国家戦略として中間層に対して厚遇があってもよいと思ってしまうね。結局私の根本思想は「努力主義」なのかもしれない。頑張ったら報われるであってほしいのだろう。未来を見てるのか対処療法なのか。政府がどこまで考えているか。

ガンジーもタージマハルも インドで進む歴史書き換え

勝者が歴史を作るとはこのことか。こういう改変って他国にはどういう影響があるのだろう。将来私が知っている歴史と、子どもが知っている歴史が食い違った時どうすればよいのだろうか。興味深い事象なので影響をウォッチしたい。

日本ユニセフ協会「ネットのデマに騙されないで!私たちは募金額の20%を運営費にしているだけです!」

しんどいの見ちゃったな。割合で取るのっておかしくないか?NPOの存続のため運転資金は必要というのはわかる。人が生活するのに充分なお金を出してあげたいというのもわかる。だが、ボランティアの方が集めたお金で給料を払うということにどうしても感情的な納得ができない。これは働く人の実態を知らないことからくる、もっと経費削減とかできるんじゃないのだろうか?という気持ちからきているのだろう。

メルカリの小泉さんと組織の課題について話したら恐ろしいほど勉強になった話

今ホット。国内の営業利益率が25%超えてるのは驚いた。走り書きでもためになる。将来を見越した仕組みを考えるや、情報発信の頻度、情報の取り扱い、定性と定量の評価の仕方。マネージャーの育成は結構気になるので、メルカリの誰か本出してください。

日本経済は消費税10%に耐えられないかもしれない

増税しんどいなあ。可処分所得が削られているなか、生活が上向きになるような材料を政府が提示してくれているようにも感じられない。ただ、何かを主張するくらい政治を知れていないので今は耐える時なんだろうな。支出の必要最低限を考える人が増えたのは当然だと思う。

僕は兄になりたかった(第73回ちばてつや賞奨励賞)

たまたま、流れてきてたまたま開いたが、凄く胸を打つ作品だと思う。このくらいのショートストーリーも最近良いなと思っている。私は兄だけど個人的には弟になりたいと思っていた時期があったな。

休日に動かない人ほど疲れが取れないワケ

「動的回復法」新しいな。文献が出るようなら読んで取り入れたい。

中1の時に摂った写真が伝説的な馬鹿画像としてネットで拡散してしまいその後10年間運命に翻弄され続けている「チャリで来た」の人

これは完全に個人的なログ。最高に笑いました。「チャリできた」のパロディで何回も笑った記憶がある。

グーグル、AIの兵器利用を禁止

少し前に行動規範の「Don’t be evil」がなくなり「Do the right thing」になったと見て不安になっていたが、これは英断だと信じたい。グーグルほどの最先端企業が戦略の一部として軍事に関わったら、いつかくる恐ろしいことの実現が早まってしまいそうだ。

転職市場、崩れた年齢の壁 50歳以上を積極採用

労働の自由性が高まってるのはありがたいが、我々はいったい何歳まで働くことになのだろうか。少子高齢化社会を進む自分の老後が全く想像できない。

島田紳助がNSCで語った伝説の講義

一流の哲学は金言が多い。これは誰が見ても勉強になる講義だと思う。マクロとミクロの分析や、因数分解してのパターン化、間の違い、話すスピード、テクニック的なところももちろん凄いが、マインドセットが凄く人っぽさに溢れてて私は凄く好き。

グーグルが握っているあなたの個人情報

グーグルやフェイスブックが槍玉に挙げられているが、本当にわれわれが考えるべきは、どの会社にどの程度のプライバシー共有を許しているかを知り、もしもの時にどう対処したら良いかだ。アプリやサービスを利用する際規約を全部読めとは言わないが一度通読して理解することを個人的にはオススメしたい。(私も完全に理解できているわけではないが、年に数度は読んでいる)

子どもの自制心が将来を左右するという「マシュマロ実験」が再現に失敗

限定的にでも傾向が見られるならOK。経済状況と家庭環境が子どもの将来に寄与するのは当然だろう。それが、子どもにとっての世界だからね。

Microsoftが「GitHub」の買収を完了

BIG5は本当にクールだな。ダイナミックで挑戦的でどきどきするわ。全く関係ないがGitHubのマスコット全然可愛らしくないと思うんだわ。あれ考えた方はなかなか独創的なセンスを持っていると思う。

毛髪のもと、大量に作る技術を開発

狂喜乱舞。やったな理研。愛してる。

ロボット農機 年内3社発売 自動運転で作業効率化

農地の集約は鍵。米国が日本の何倍も効率的に生産している1つの理由。大きな耕作地を機械で効率的に稼動させることによる人件費削減と、餌の安さが日本との価格差を生み出している要因と聞いている。追従するなら集約しないと、損益分岐点を超えるのは容易ではないだろう。

患者の自殺は、残された人たちの心を壊す

寂しいねえ。だけど気持ちはわかる。安楽死という制度があればまた違った結末があったんだろうな。苦しみの中希望もなく生きることを想像したくもないよ。誰のための生の終わりなんだか。

マクラーレンとコルベットに見るスポーツカーの「新しい売り方」

車には興味が全くないが、こういう高級品は相変わらず売れていると聞くので、売り方やホスピタリティ的なものを見習うというか、今後自動化していく社会で残していくべき要素を探ってみるのも良いかもしれない。

去年の出生率1.43 人口の減少幅は過去最大に

人工オーラスによる経済影響も心配だし、直近の社会保障費等の負担が増えるばかりで、可処分所得が減り、余裕がないので更なる少子化という嫌なスパイラルから抜け出せる気配を感じないところが、失われた40年みたいになるんじゃないかという恐れにつながる。

一言

今月は大分ビジネスとITに寄った気がする。

その中でも毛根の技術は最高の発見だと思います。本当にありがとう。笑
島田紳助さんの考え方にはビビりましたね。考え抜かれているなと。ビジネスマンでも成功しただろうと思いますね。

音楽

セリーヌ・ディオン How Does A Moment Last Forever
この歌は映画との繋がりもいいし、セリーヌディオンの境遇も知った上で聞くと最高の音楽になる。美女と野獣の特典映像を是非見て欲しい。

感想

6月はインプットがかなりできたし、貯めてあった漫画の好きなセリフや観た映画の良かったセリフをピックアップしたりと新しい取り組みが非常に良い経験になったなと思っている。好きな漫画、好きなキャラがより好きになれたし何より見返しやすい。

またイベントも多かったと思う。リワークにて司会、抜歯、リワークの会社向け中間発表、代官山のオシャレサンドイッチ「cava」、「間」、マーベルどハマり祭りとかなり新鮮な月になった。きちんと記事にしていきたいなー。

総じて凄く良かったと言える月でした。新体験大切だなあ。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です