げっぽう!2018年7月~モラトリアムの終わり~

アイキャッチ

どうも。こんばんは。ロマサラです!

リワークも7月で終わり!月初になんか一旦落ちてしまって、会社への最終発表への不安はありましたが、なんとか乗り切りました。これから復帰となりますが

かーなり不安!!

そりゃそうよ。今までストレスが少ない環境で伸び伸びやりたいことやってたのに、来月からまた週5日、終わりのない労働へ。VUCAワールドは私には耐えられないのではないのか。あー不安でござるー。

まあね。不安になりっぱでも仕方ないので、大人しく振り返っていきましょう。

今月も先月に引き続き漫画や本を読み返していいところをピックアップする事に注力したし、ファッションにも大分時間を注いだなと。漫画、DVD、お笑い、本の読み返しにはしこたま時間ぶっ込めた。大昔に買ったライトノベルを読み返したら凄く考えさせられる事もあり、全ての娯楽すら学びであるなあとしみじみしたり、人生におけるワークライフバランスを考え抜けたのは良かったと思う。これいつか見返してあんな時期あったなーって早くやりたいな。

テンション高めですみません。人生の生きやすさを上げるために最近は人志松本のすべらない話めっちゃ見て勉強してます。早く面白くなりたい!

さて、いつものいきますか!

7月のニュース

投資信託 家系保有額、30兆円以上過大計上 日銀

投信離れか。得をしないと分かったものに誰がお金をつぎ込むのか。資産形成そろそろキチンとしたいな。

ジャッキー・チュンさんコンサート会場、逃亡犯続々逮捕

ギャグセンス高い。普通来ない。ジャッキーチェンかと思ったら別人なのね。でも捕まるかもしれなくても見たいって本当すごい人なんだな。

JIS認証機関が無資格・手抜き審査 英大手の日本支店

第三者チェック側の不正ねえ。もう性質悪すぎ。腐敗が起きると社会不安が大きくなるのでやめて欲しいです。適切な競争と淘汰が必要なんだと思う。

Google、Microsoft、Facebook、Twitterがユーザーデータ移行プロジェクト「DTP」立ち上げ

良いことでは。Googleにはかなりお世話になっている分助かるかも。

【SIer新人向け】研修では教えてくれないノウハウ集

構造を抜き出せばどの仕事に当てはめてもある程度あてはある項目だと思う。誰が読んでもためになる。肌感が掴めた配属2週間とかで会いたい記事。

中学校で使われているプログラミングの教科書を全部購入して比較

聞いてはいたが、始まってたのか。てか中学校で初歩学んで、高校で英語文献漁りながらコード打つような世代と働くのか。わくわくと焦りですなあ。普通におちおちしてられんなあ。

自宅で4000匹の蚊を飼育し世界的大発見した18歳の天才少年

子供も家族もみんな素晴らしい人たちなのだろう。こういう子を育てたいじゃなくてこういう人になりたいと思わんとね。エンタメ×知的好奇心って素晴らしいなと思う。こういうコンテンツ作りたいな。

インターネットは社会を分断するのか

これめちゃくちゃ面白い。選択的接触に最近興味が強かったのでなおさら。分極化とエコーチェンバー(同性質コミュニティ内での意見増幅)もメモメモ。インターネットは意外と分極化に寄与してないのね。多角的に情報を取りにいくメディアリテラシーが高まってきているのだろうな。その分自分のポジション確立までのリソースが高くなりすぎて無関心もありそうだけど。高齢者の過激化は一貫性の法則が働いてある意見から降りられなくて意固地になった人もいそう。

40代前半男性の所得中央値

この所得の平均を出す行為は意味のない比較を生み出すばかりで人の役に立つイメージはないが、「就業構造基本調査」というデータ元は初めて知ってこれから見ていきたいのでピック。

「引きこもりや生きづらさ」から脱出できるかどうかは「運命」なのかもしれない

>人は自分の力で引きこもりを脱出することは難しいのではないか?
元引きこもりからすると真理だと思う。イベントがあって初めてチャンスがやってくる感じ。今思い返しても自力でどうこうできた気はしないなあ。

プロジェクトの成功率を上げるために、チームリーダーができること・やるべきこと

この手の記事も定期的に来る。MESONとかのも良かったな。全体計画・スプリント・タスクの3つの粒度の計画。クリティカルパス。MVP。多分技術や概念自体に新しさがあるんじゃなくて、スキルセットと個別カスタマイズの肌間が大切なんだろうな。しかし、雑談やタスクに人を合わせるとか意外と盲点やった。

セブ島で2週間英語の勉強をしてきたので感想を書く

この手の記事は定期的に現れるが、一番読みやすかった。翻訳技術にブレイクスルーが起こらず喫緊で能力開発が必要になった際は一ヶ月セブ島に渡ることを決意した。日本は快適すぎて自習に耐えうる環境がないのは間違いない。

米ウォルマート、西友を売却 日本での店舗運営撤退

食費のほとんどが西友にお世話になっていて、ウォルマートカードも持っている私はどうなってしまうの。。。

ZARAが世界首位 衣料品シェア、ユニクロは5位

インディテックスやるなあ。新商品の回転が売りで、いつ来ても新しいのが良いと聞いていたが、多分それだけじゃないんだろうな。そのうち本が出ると思うので読もう。今の時代の衣料品は何の要素が一番求められているんだろう。

予言から80年以上実在が証明できなかった幻の粒子「マヨナラ粒子」発見

マヨラナ粒子という圧倒的パワーワード。結局量子コンピュータはこれで完成するの?自分の知能の低さにあきれ返るしかない記事。少し理系もかじらないと。

2019年から日本国は衰退へ。海外メディアもいっせいに警告「少子高齢化という時限爆弾」

自他共に認める時限爆弾ですな。「超高齢化社会は先進国の中でも先進課題なので、逆に世界に展開できるビジネスを作るチャンスである」とある人事の方がおっしゃっていたた。確かに一種のチャンスではあるが、それはごく一部の人にとってで多くの人は人口オーラスで経済が悪くなるのと、魔の社会保障費で人柱になる覚悟をもたねばなるまい。失われた50年が始まる。寒村ですよ。逆に人の温かさに気づく50年になるんじゃないかという期待もある。

時給1000円が安くて、どうして靴の1万円は高いのだろうか?

川上から川下まで一貫して、充分なお給金をいただこうという思想は凄く共感できる。企業側はコストカットだけでなく、値上げの方面でも努力して欲しいとか、消費者にそういう現実があるから高値で買ってくれというフェアトレード精神を期待するのもわかる。同時に需要と供給の問題面から価格は手間と比例するわけではないのでビジネスモデルに言及してくれれば満点だった。だけど、記事にして啓発しているという点でそれもブランディングと捉えるとこの筆者には頭が上がらんなと思いました。靴の作業工程も知れてよかった。22歳でこの視座の高さはほんま尻に火がつきますわ。

働かざる者たち

涙なしには読めぬ。最近の短編漫画の流行結構好き。ストーリーが練られた対策もいいが、日常の何気ない部分がこう共有されるとよりコスト低く社会を捉えられていいなあ。この漫画は本当涙なしには見れない。誇りある仕事について考えさせられる。

【驚愕】InstagramはおばさまのSNSになっていた

未だ一斉を風靡しているとは。。。大学生時代にSNS疲れしてから食指が動かないのよね。こういうSNSの利用年齢層を捉えるのはマーケ的に凄く大切なんだろうな。新しいアプリやサービスのIFを知ることが大切と言われているので積極的に触れていきたい。

「低温調理」の世界は奥深い。数学的に突き詰める低温調理マニアに安全な加熱の心得を聞いてきた

家事&育児で楽したい!面倒くさがり夫婦がおすすめする、お助け時短アイテム3選

ミニマリストを自称する以上、低温調理による平日の時短かつ、クオリティを上げる技術は修めなければ。家事の省力化も同様。こういう記事らを書く人になりたい。これら2つの記事は絶対実践すると決めたのでピックアップ。

安部政権が推進する「水道事業民営化」は、「水という人権」を蹂躙する

全く考えたことのなかった水道事業の話。コンセッション方式は実質の民営化であり、他国では民営化の失敗により再公営化が進んでいると。確かに、安全な飲料水を安価に手に入れることができるのは人権に近い。ガス・水道・電気で月給のほとんどがなくなってしまう世の中では人らしく生きていることなどできないもんなあ。まだまだ知らないことばかりだなあ。

投信で損失、個人の半数 金融庁調査

投信の存在価値が揺らぐ。結局プロに任せるにもある程度知識が必要ということだろう。無思考で任せるのはやめよう。30までには資産運用に着手したいので、今年度でFP2級とりたいなあ。

日本人夫婦のワイン醸造家が世界的に高い評価を受けるもフランスからの国外退去を迫られる

タイトルはキャッチーなだけで本質をついていないが置いといて、いかに他国の居住権を得るのが難しいのかを考えさせられる。最初の段階でビザ申請が通る売り上げを考えるか、根回しするなりが必要だったのだろう。海外に興味はそんなないが、もし移住を考えるなら戦略は必要なんだな。逆に日本国籍ってどうとるんだ?

アベノミクスに重大な疑惑、GDPを改ざんか

異次元の金融緩和、マネタリーベースを上げることによりマネーストックが増えることを見込んだが上手くいかず政策の失敗と言えるだろう。それらのミスすらなかったことにするGDPのかさまし。といったところ。これが本当のことであるならとんだ嘘っぱち集団である。改革に痛みを伴うのは仕方ないが、詐称はよくないでしょう。失敗しましたは仕方ない部分もあるのでとりあえず誠実に対応して欲しいと思うこの頃。

2050年にすべて電動車に、世界で販売の日本乗用車 経産省
電気で飛ぶ旅客機実現へJAXA 温室ガス削減効果も

うーむ。社会の電動化、電子化はとまらんなあ。車と航空機の電動化で温室ガス総量のどれだけが削減されるのだろう。電動化のデメリットって、コスト以外にあるのかも気になる。

見えない高税「社会保険料」により、低所得の若者ほど苦しむ状況が続いている

社会保険料が上がっているとはわかっていたが、こうして国際比較とか、税負担の比率とかの原本を取りにいく姿勢を見習いたい。ただ、主張自体は吟味の必要があるし、何かを同意にも否定にも、情報が足りなくてなんともいえない。

スーパー労働者にしか給与や地位を約束しない社会はどこかおかしい

「労働者に期待される能力は年を追うごとに高くなっている」まさしく。技術の変化が早くなったことと、多様性を尊重しようという社会風潮がある中で、公私を問わず、より多くを、より効率的に学び柔軟に体系横断的に理解し、判断し、実行する必要が出てきていると感じている。くうー。書いてて白目になりそう。

「東京タワー」の建設フロー、PM視点でみてヤバすぎたので解説

これは東京タワー雑学記事に近いだろう。PMの学びとかがあるわけではない。だが、前人未到の建造物への挑戦という切り口で東京タワーを改めて見ると畏敬の念が沸く。そういう今は目立たなくなってしまったものの歴史に着目するというアプローチもあるという学びの記事。

うつ病系

あの人が「うつ病」を自覚できない最大の理由

あるよね。この強がり。競争を意識しなくても無意識下で無能と遠ざけられることを恐れてしまうのよね。

うつ社員を多く出す会社ができていない基本

初期対応を積極的にしてくれる企業かが分かれめ。症例に理解がある人事がいるとなお良し。

「休日何もできない」人は、うつの入り口にいる

これ本当。焦燥感に焼かれる状態を感じ取れたらすぐに自分のワークスタイルを見直した方が良い。これから一月くらいで発症したから。何もしないって本当に難しいけど感じたらな向き合って欲しいと思います。大分苦労したけど今では家で寝ることを許せるようになって、大分人生の負荷が下がったと感じています。

一言

復職近いからか凄くビジネス関連ばかり。

その中でも、結婚後の家事とか、蓄財にも目を向けるようになってきたね。大分これからの生活に興味が大きくなっているっぽいです。こう何ヶ月か見ているとその時にアンテナ張っているものばかり引っ張られてくるのは面白いな。

鬱の人がどう働くかも大分気になっていてピックしているし、これらの情報って病になる前は見なかったけど結構ためになること言っているんだなと思う。

音楽

Mr.Children 終わりなき旅
結局これにいきつく。ありがてえ。

感想

鬱は本当三歩進んで二歩下がる。いい感じと落ちるを繰り返して少しずつ対応できるようになったなと思う。まあできる人は散歩進んで一歩下がるで済むのかもしれないけどね。向き合うまでも長いし、受け入れるのも大変だけど、まあいい経験したなあと思えている分今はいい感じなのかも。

緩い環境の中でだから、失敗したときの叱咤を受け止めることができたし、カウンセラーさんのキツいツッコミをきちんと咀嚼することができた(アホみたいで人に言えないと思うようなことも最終的には伝えられたし、それに対して真剣に考えてくれて本当に助かりました)。個人的には非常に助けられたリワーク期間だったと思う。

こんな感じで7月は終わりです。8月の復職日記が楽しみですな。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です