げっぽう!2018年8月~ロマサラ社会復帰をするの巻~

アイキャッチ

どうもロマサラです!

つーいに職務復帰!

長かったなと。復帰直後に会社向かう前は足とか本当震えるくらい緊張しました。が、まあ一度入ってしまえば後はままよというかんじ。挨拶や会話を自分から積極的にやっていけたのが良かったかも。もちろん会社の人がいい人だからこんなフランクな感じで戻ってこれたってのはあるんですけど。

ですが復職後一週間ほどは緊張の日々。ただ社内にいるだけで消耗する。この感覚はなんなんだろう。謎の居心地の悪さあるよね。

リワークで身につけて最高に良かったものは図太さですかね。意識的に鈍くなる。意識的に思考を膨らませないであったり開き直る技術。これには本当助けられました。

ふと思うのは、大人が更生するには結構自分から動いていかないと助けてもらえない。自己開示能力と、リサーチ能力、行動力がないと人の助けは借りられないだろうから、結構ハードル高いなという印象を持った。

ヘルプを出す機能は、子供のころに身に着けていないと大変だと思う。

復帰後はめちゃくちゃお笑い見て、みんなに面白くなって帰ってきましたわって伝えるけど、誰かも面白いって言ってもらえないのはなんでだ?笑

ま、今月も見てきましょう。

8月のニュース

子どもの学力は「母親の学歴」で決まる…? 文科省の衝撃レポート

親の収入・学歴・学習頻度はそりゃ当然子供にも影響与えるわな。子供にとって一緒に過ごす時間が長い人間が学習というものに意欲的であったり、実践しているとなれば自ずと真似をするのだろう。何事もやってみせの山本五十六ですわ。

トリチウム海洋放出!公聴会で反対権が続出!

情報が混濁しててわからん。悪いのは成分自体なのか量なのか、それとも一緒に放出される水に含まれる物質なのかよくわからん。海外でやってるからを理由に上げるのはナンセンス。どういう理由かを捉えにいかないとわからんまま。

「一生、自分は自分」という人は、そんな自分とどう付き合うのか?

>私たちの9割9分9厘は、何者にもなれない
ひええ。悪魔のセリフですわ。人生のゴールも理想もなく、何者にもなれない平凡を生きていくこと。これが大多数の人間に訪れるのだとはまだ思えていないけど、ビジョンを描きづらい中耐え忍んで生きていくのは大変だよなあってのは共感できる。熱量を傾ける先を失った人生はどのようなものなのだろうか。

負担軽減、未婚も対象に ひとり親の保育所・幼稚園費用

未婚の子供を増やす結果にならないか懸念。必要としている人がいることもわかるが、そうならないように努力できたのではないかとも思ってしまう。再分配という方向性に疑問はないけど再分配の手法には大分疑念がある。

ガソリン車廃止で、大通りに面したマンションが大化けする

大通りから騒音が消える。良い予想。そうしたら大通り沿いに住みたいかも。将来の家には広さより快適さがほしいもんなあ。不動産投資とかもそろそろ考えてみたいな。

カトリック:ローマ法王苦境「性的虐待知りながら放置」

これみた後、「スポットライト 世紀のスクープ」思い出して変わらんもんやねと思うと同時にどのようにしたら第三者から見た適切な介入が行われるのだろうかと思う。組織として成立させるその瞬間からチェック機能の確立を目指さないと実現されないのだろうか。

ドローン、GPS、「デジタル農業」が変える農の未来

自動化と農場の集積による大規模化は相性がいい。アメリカのようにはいかずとも日本もその流れを組みつつ、自動化による大量生産とこだわりによる生産を上手く棲み分けて伸びていってほしい。餌代では追いつかないのは仕方ない。農業もいつどのような状態で損益分岐点を超えられるかというプラン作りが重要になるだろう。勝手なイメージだが科学と信仰がぶつかりそうなイメージがあるので次世代が期待されるのもわからなくないな。一農家の家から出た身としては頑張ってほしいなと思う。

たぶん世界一大変な日本のサービス業|野本響子@マレーシア編集者&ライター|note

多分ね、小学校からずーっとみんなで我慢の練習をしてきて、職場でも嫌なことを我慢して頑張っていると、誰かが楽しているのが許せなくなるんですよ

確かにこういう顧客ばかりだと過剰なサービスになって当然。自分もユーザーとして上から目線になっていないか内省しないとな。

料金上昇 水道の厳しい状況

このニュースもうヒットしない。ニュースが参照できなくなるって嫌だな。私たちはそんな事言ってないですよができるようになるって事?水道事情は結構やばいというメモ。民間委託で金額跳ね上がるのも怖いけど決定的な事故が起こる方が怖いので、国主導で値上げで良いと思う。

「窃盗症」医療支援が急務 衝動的に万引き繰り返す精神疾患

痴漢も窃盗も治療が必要。アメリカでは精神疾患として扱われているようなので日本も準拠して良いのでは。人間の異常行動の裏側には大抵辛い体験がある気がする。その辛い体験があるからといって許すことはできないがそういう人を減らせるよう一人一人が意識的に働きかけていかないとなかなかに難しいよね。政府が全て解決できるものではないと思う。

【居合道不正】剣の最高位、カネで。範士合格に計650万円要求 審査側は「誠意や」

粛清されてほしいなあ。道の最後に技能と精神以外に入り込む余地がある競技に誰が夢を抱けるのか。どうしてこういうのが蔓延るんだろうな。精一杯やってきたんだから少しくらいいい思いしてもいいやろみたいな考えなのか?愛せないものに多くの時間を捧げるとこういう精神状態になってしまうのかもな。

障害者雇用省庁水増し 義務化当初から42年

憤りですわ。やりたい放題。国が指標作って国がそれを実行しないってとんでもない詐称じゃん。なのに民間からはお金とるってどう落とし前つけるんでしょう。

「4月生まれ有利」「翌3月生まれ不利」は本当か

>アメリカでは10%程度の保護者が幼稚園や小学校の入学年齢を遅らせる選択をしている
意外と一般的なんだな。進学タイミングを選べる国のデータだと格差はなくなっていくが、日本のデータのみだと格差は変わらず存在し、進学や賃金まで影響するとなると考慮の必要性や、実際どの程度確からしいのか確認したいな。

初めてアメリカで暮らす小さい子が列挙した「日本との違い」が面白い 「元気か?ってきいてくる」「カブトムシを先生が虫除けスプレーでころした」

面白い。こういう何にでも興味を示す子供のように海外旅行したい。

出版業会は沈みゆく泥舟なのか

インプレス総合研究所から出る調査報告書見て見たいけど一般人には値が釣り合わぬ。電子書籍意外と伸びないもんだなあ。確かに自分も漫画以外は紙で欲しい。新書の数は多くとも市場は衰退。個人的には学習導線が整ってきたということなのではと感じる。漫画が入り口で入門者向け、専門書と進むのがいいんじゃない。いきなり活字・専門書というスタイルが時代に合っていないだけでは?

プラスチック、劣化で温室効果ガス放出米研究

結構ショックなニュース。実際、排気ガスとかと比べてどれくらい出てるんだ?とりあえず算出待ち。

大学内で「謎かけ男」と呼ばれるナンパ師とその犯人と間違われた落語研究会が、謎かけで戦った話

こういうの好き。良い意味でアホの極み。

ひきこもりは「さなぎタイム」

しょこたん良いこと言いおる。確かに引きこもっていた時ってずっと何かに熱中していて人生の養分になった気はする。しかし、誰かが引っ張り上げてくれなかったらずっと引きこもってた気もするので進んで引きこもりを推奨したいとは思わない。けど、引け目に感じなくて良いってのは本当だと思う。うまく解釈して進んでほしい。

一言

大分、汚職が目立つように。国民の生活が良くなっている実感が持てない時、政治や上層部への批判は大きくなるし、監視の目も鋭くなるんだな。

最近は政策が発表される度に不安になることが多い。長期ビジョンと打ち手の整合性が見えてこないからクリティカルに変えているように見えない。費用の削減も頑張って欲しいがそれがないならせめて打ち手くらいは質の高いものをお願いしたい。

やまもといちろうさんの記事見て、一生何者にもなれない中でどうしたいかを考えられたのは良かったな。自分の事だけでも精一杯な世の中になってきたで、自分のできる範囲で世の中の変化に少しでも寄与していきたいな。

音楽

Indie Songs, Vol.1 Show me the way
今月はこれ。もうウェブでも全然引っかからなくてリンカーンのグッさんのミッドナイトハイウェイみたいなやつで流れてたのでアプリで検索してようやく引っかかったドマイナーな曲。でもめちゃいいので聞いて見て。わざわざこれだけiTunes Storeで買った。初めての購買に至らせるほどのいい感じの歌だから!

感想

今月は笑い力が上がったはず!でも見てるだけじゃ面白くならないっぽいので場に立ってバット振らないとな。

今月は時短で帰った後に大分自由な時間過ごせたので、報道系の映画とか「人志松本のすべらない話」や「リンカーン」見れたが来月からは減ってくるのでその中で自分がどう崩れないでやってくか。DVDといえば「MR.robot」とか「レディプレイヤー1」とか見て大分バーチャルやネットにかぶれた。将来は年取って体動かなくなったらVRの世界でアバター作って生きたい。初めてインド映画という歌って踊る映画見たけどなんか新鮮「バーフバリ」面白かった。

でもストレスでめっちゃウェブ小説を読むようになるというのは新しい気づきだった。疲れるとすぐ携帯触っちゃうんですなー。最近は結構食傷気味なのでいい感じに時間減らしていけたら嬉しいかも。

よーし。来月も頑張りますか!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です