げっぽう!2018年11月収支~自己の一般化~

四季の女性

どうもロマサラです。

どの季節の女性も眩しいぜ!

。。。冒頭からふざけてすみません。

 

季節が過ぎ去るのが早い!いつも思うんですが

日本って四季のバランス崩れてません?

最近夏と冬で10か月。春と秋合わせて2か月くらいしかないと思う。

そんな出だしのテンションとは裏腹に私自身の復職は月の前半に一回失敗し、暗雲たる気持ちになりましたが、どうにか持ち直しまた戦っているという状態。

入社時の希望や無鉄砲さが完全に折れ、今ある身体と精神で上手く社会に適応しようという気持ち。
この精神状態でも難しいようならもう、本当職場変えないと無理だなーと感じている状態ですね。しんどー

自分をなんとか、なんとか凄い人間なんかではなく、人並みの幸せを求め、当たり前の事だけをやれる人間にしたいのに、活力が全然湧いてこない。

自己の一般化が全然できないよ。ドラえもん。

 

3年前の自分が今の自分を見たら失望すると同時にやっぱり、お前こういうの苦手だよなとかいって笑ってくれそう。

それでも時は残酷に過ぎてゆくー

11月のニュース・記事

夫婦共有Slackのススメ。

現状飲食店情報を「Timetree」で共有してるだけだけど、領域増えたらSlackいいかもな。

ファンレターを作家に転送しない出版販売会社の話に端を発した、出版社、漫画家さんらによるファンレターに対する思いや恐怖体験など

営利企業としての性質しか持てない企業が悲しい。それくらい業界が追い込まれているということなのか。。。個人的にはいつか、ファンレターをもらってみたい。人生で一度は何かを生み出してそれが誰かの心に残ってファンレターをもらうようなそんな素敵な体験を死ぬまでに絶対する。

奨学金、保証人の義務「半額」なのに説明せず全額請求

もし人的保障が消えたら、奨学金ビジネスが生まれてしまうじゃないの。と思いつつ何が正解なんだろうね。手間が増えなくなれば人件費は下がってクリーンな運営になるのか?とはいえ最初の説明資料であったり、対象者にピンポイントで伝えるなりコストがかさまない伝えようはあるでしょうにとも思う。

携帯のソフトバンク7兆円上場

この規模の上場はなかなかないのか。日本郵政に次ぐってすごいな。大型上場の影響ってどこに出るだろう。ソフトバンクグループの資金調達のための上場なの?

ソニー、住所革命のwhat3wordsに出資、地球上を57兆分割し3単語で表現

これ凄い。待ち合わせ凄く便利になる。ある指定の場所を住所以外に共通の概念として捉えられるだけであらゆるサービスの利便性が格段に向上するだろう。デリバリー、待ち合わせ、面積把握とパッと出る対象だけでも革命的だなあ。

ガン化リスク、慎重に検証必要。パーキンソン病のips治験

怖さもあるが、期待もある。ガン、アルツハイマーときてパーキンソンと来ると病死という言葉がなくなるのかもなとか思ったり。嫌でも90まで生きちゃう世界来るか?納税の期限も延びてと、なんか楽しい未来を描けないぞ。。。

カプセル回収 歴史塗り替えた

完全に偉業を理解できていない。将来見返した時に自分の無知を笑えるのだろうか。個人的に宇宙まで征服するような生物は必要か?ある種族のためにカスタマイズされた銀河など一種の地獄ではないかとも思う。生存本能に突き動かされてここまできているのだろうが怖くもあるね。

「残業ゼロ」を73か月間続けた記録

これは残業なくなることで会社の取引先を選別できる企業だからできるのか、残業できなくなることで営業がより感度の高い動きをするようになったのか。win-winの要因はある程度仮設がないと倒産とかもありえそう。だけど残業がないっていう環境を求めている人は私含めて多いだろうしこの企業は大いに発展してほしい。「覚悟」がないとできないことだったろうな。

経団連会長「春闘ということばをやめよう」やり方見直すべき

コメントに資本者階級が労働者階級の運動に口を出すのは間違っているとあって、そうだなと思ってしまった。とはいえ聞く耳を持たなくなる前に折衝が必要だろう。1984を読んでいる最中だからやたら階層の対立が目に入るなあ。

なぜ、これほどまでにJR北海道の経営改革は進まないのか。陰にある大人の事情を暴露してみた。(鳥塚亮) – 個人 – Yahoo!ニュース

会社の人間関係はなぜしんどい?けんすうの助言「コミュニケーションを2つに分けよう」

「ビジネスライク」と「個人」としてのを切り分けたいが、そこを上手くやっていく人が昇進する構図の中だとなかなか割り切れないものがあるよね。タイムリー。業務中はビジネスライクに寄せていきたい。「すべての物事は摩擦がおきたほうが完成度が上がる」は良い考えだなあ。「お金は不幸を減らすことには使えるが幸福側には作用しない」もわかる。1on1もやりたいし今読めてよかった。

新卒配属ガチャに失敗しました

うん。一年前こんなこと考えてたわ。私のは謎の強迫観念だったけどね。ワークアズライフでやりたいが、やるなら理想の職場が降ってきてほしいって本当に思ってた。私は折れてしまったが、彼のような人が幸福を掴めるといいなってすごく思う。

AWSが独自のOpenJDK「Amazon Corretto」発表

実感はないがこれすごいことなんだろうね。いつかこの衝撃を理解したい。

「お金のことしか考えてません」倉持由香が熱弁する稼げる人の法則5か条

アイドルってすごいな。発想力、実行力と継続力、泥臭さに定量観測での進捗管理までしてるってもうビジネスマンだよね。こりゃ成果出るのも間違いない。どちらかというとアイドルは起業家に近いんだな。

6年務めたNTTを退職しました

この頃、NTT人材流出ネタが流行っぽいので備忘。だいたい設備とかシステムが大多数の希望に沿って作られる以上、乖離値周辺の人が何か感じるのは致し方ないとした際に、それらを繋ぎとめるのはなんなのかの回答を組織が持っていないと難しいんだなーと感じた。

膨らむ滋賀国体、500憶円超 簡素化の流れの中で

これってつけが回ってくるのは住民?この500憶円がどれほどの年月をかけたら元値を取れるとか。値段でなくても価格分の価値があると何を持って判断しているのだろう。

サイバー攻撃多作施した商品に認証マーク発行へ 来年4月から

セキュリティが強固になると同時に、運用負荷が増えるようではなかなか難しい。安全で簡便な認証機能が欲しい。手打ちパスワードの時代は終焉してほしい。こういうマークが効力を発揮するほど広まるまでどれほどかかるんだろう。

花王が驚きの新技術、超極細糸が第二の皮膚に 来年には化粧品にも応用

美の追求ですね。しわやたるみも隠せるし、化粧したら年齢不詳は全然ありえる世界になるね。コンプレックスの解消という意味ではこれすごいな。2019年楽しみ。

人手不足なのに給料が上がらないのは、経営者の強欲のせいではなく、仕事に要求される能力が高くなったから

これを受けての、アタマが良くてマーケットがわかる人しか稼げない社会は「要らない」

一連の流れはなるほど感しかない。昔の残業とは質が違うとか、未婚が、非正規がとかは、この経済状況と政策のあおりを受けている。ミクロだけじゃなくてマクロも理解して口を出さないと、我々は先細りしていくばかりなのかもしれない。ただ、現状を鑑みるにプロフェッショナルになる投資時間も必要でかつ、マクロにも理解するための時間をさける人って本当一握りなんじゃないのか。。。口を出せるほど成熟する頃には家庭を守るので精一杯なリスクのとれない人間になっているんじゃないのか。。。それらの活動に余力を割くことができない社会が、上層部との乖離を更に生んでと、負のスパイラルに入っているのかもなと思ったり。

わずか3畳でも人気 都心で増える「狭小」賃貸物件

わかる。働いていると半分物置と化しているから、その空間の維持にお金を払うのはナンセンスだと思ってしまう。家族と住むにしても私の部屋は3畳で問題ない。

日本の人口減少 今後40年でGDP25%減とIMF試算

GDPが減ることが生活にどうインパクトを与えるかまで見えてない。ただ、漠然と暮らし向きが落ちそうと感じることしかできぬ。最近インプット止まっているなあ。

助かりませんからね、私たち30代、40代の世代は

>人生の最後までレールが続いてないことが確定している
これよ。これ抱えながら生きるのってなんか大変よね。漫然と生きることだけが横たわっていて、どう歩み寄っていけばいいかを都度考えなければいけないって私にはハードな人生だなあ。山本一郎さんは相変わらず面白いなあ。

「アー写感w」といってあの記事がバズる世の中って、どうかと思うよ

頑張る人を馬鹿にして笑いとるのって違くない?ということですね。非常に同意。ただ、このシンプルなことでも伝えるためには、効率的な露出が必要でそのためタイトルがキャッチーというのは、真似しないといけないなと。本当に望むのなら相手に合わせてコンテンツを作らないといけないんだよね。意図したかは不明だがこう発言ができるだけかっこいいな。

女の子なんだから勉強しなくていいよ、と言った父は死にかけるまで仕事を辞められなかった

うーん。確かに男性と女性の役割切り分けで自分が頑張らねばと思う自分はいるよね。ここらへんはまだ自分の意見を持っていないかも。でも、もし、この先の見えない給与闘争を降りてもいいよと言ってくれる人と付き合えたら、それは心の余裕になるだろうな。

RAIZAPの決算を分析してみた

ちょい前の記事だが、RIZAP周辺がHOTなのでバズった模様。勉強になる。財務諸表を再び勉強したくなるよね。本当に色々なものが見えてくるんだなと思わせてくれた記事。

Tokoroten Nakayama, 雑用 at 株式会社nextint | SlideShare

心理的安全性やデータサイエンティスト系のまとめ

感想

感想もわかねえ。

結構混迷して、しんどい時期ですよ。戻って来れたことで、期待を返したい気持ちと、頑張り方がわからない感じ。ふとしたことで、なんで頑張るのか、なんで働くのかが首をもたげてくるわけです。

みんなの目も気になる。生やさしい。自分がもっとやると言えば、止められ、本当地味に、日々よくわからないことをやっている。

誇りよお前はどこに行った。。。!

ムンクの顔になりそう。。。(ムンク展の影響もろうけ)

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です