携帯はSIMフリー×楽天モバイルのスーパーホーダイが社会人の最適解だ

楽天モバイルスーパーホーダイ

どうも。ロマサラです。

心機一転、サイト名を変えました。自分の人生においてこれから永遠に追い求め続けるテーマは何かといったら、やはりミニマルライフ。人生を効率的に生きていくための情報を発信していければなと思います。

その第一弾がこれ。楽天モバイルスーパーホーダイ



昨今MVNOだSIMフリーだと巷を騒がす厄介な横文字に振り回され、決定打がなく情報収集のみで疲れ果てていましたが、今回携帯の2年契約が終わるので何にしようかと見て回った際に、これじゃんとなったのが楽天モバイルスーパーホーダイ。

最近になって楽天が発表した新しいプランなのですが破壊力満載でした。

なので何故楽天モバイルスーパーホーダイなのか書いていこうと思います。

楽天モバイルスーパーホーダイには速度制限がない!?

はい。過大表記です。速度制限はあります。

ですが、私個人にとっては速度制限になり得ない

これがどういうことかというと、楽天モバイルのスーパーホーダイは速度制限時のデータ通信が1mbpsです。(12~13時と18~19時の込む時間は300kbps)

300kbpsですと画質が悪いyoutube程度なら見ることができるようです。他の動画サイト等では途中で止まってしまう場合もあるそうです。これらの情報は「300kbps」で調べると他のMVNOの速度制限時のweb利用状況等で確認することができます。

補足情報としてはau、docomo、softbankの3キャリアは速度制限になると128kbpsになります。(極端な不便さによる利用者の追加課金を狙っていると邪推)

なので1mbpsなら動画をよく見る層でなければ携帯の利用に困ることはないんですね。日常でのグーグル検索やフェイスブック、ニュースアプリの利用なら1mbpsで問題なし。

これが一番の決め手ですね。データ量に気を使う生活から抜け出せるのは最高です。

その他の要素は?

かけホーダイ、通信速度や時間帯に関係なく繋がる指標としての安定性、最低契約期間等ありますが、この業界微妙な違いはありますが決定的違いはないです。(元も子もないことを言う)

何故ならMVNOというサービスは大手キャリアから回線を借りる前提なので根本的な通信性能に差を出しづらいからです。(とはいえUQモバイルはauの関連会社なので他社よりいい回線を割り当てられているのではという噂はあります。)

気になる方はこちらから公式サイトに飛べます。

・公式サイト
iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

決定的違いがあるならその会社にほとんどの人が流れます。しかし今この業界は発展途上です。

SIMフリーが実現するもの

やはり皆さん安さを求めてMVNOやSIMフリーに興味を持つと思います。私はそうでした。8000円近く払う携帯料金を少しでも安くしたい。

だとしたらMVNOやSIMフリーは何ができるのか。

便利になりすぎた携帯電話の不必要な要素を削ることです。

それによって金額を1000~4000円のレンジに抑えるのです。

各個人が何を削り、何を残すかを考えた上で携帯電話を所持することができるようになったのです。

じゃあMVNOやSIMフリーは何が削られがちなのか

それは、実店舗による手厚いサポートです。
多くの会社は実店舗のよる人件費を抑えることで低価格を促進しています。もちろんそれだけでなく、既存のau.docomo.softbankはブランド料がのっているのでその分を差し引いて低価格というのももちろんあります。

その上で通話機能、メール機能、データ通信機能を自分の使用方法に合わせて制限することで1000~4000円というレンジで利用することが可能になるわけです。大変ありがたい。

MVNOやSIMフリーにすることってそういう感じかーとわかったところでじゃあ改めて楽天モバイルの強み弱みを書いていきましょう。

楽天モバイルスーパーホーダイの強み・弱み

強み

・実店舗が多い
楽天カフェ等があるように、楽天は他のMVNO事業と違って実店舗が多いです。直接聞きにいける環境があるのは一つの強みですね。

・スマートフォン利用がライトな層には速度制限がないようなもの
個人的にはこれが一番の決め手です。

・au.docomo.softbankと同じようにメールが利用できる
その上5分かけホーダイもあるので、本当に3大キャリアのお手軽版という感じですね。MVNO業界にはメールサービスがないものもや追加料金でのオプションでの提供という会社もあります。

弱み

・込み合う時間の回線の不安定さ
これはどの回線にもいえますが、込み合う時間帯はやはり重くなってしまうそうです。

・電話が繋がりにくい
これは楽天あるあるですね。楽天カードでの話になりますがカスタマーサポートの質はそれほど高くないそうです。丁寧な対応を期待するのなら実店舗へ訪問した方が良いと思われます。

キャンペーン

今なら条件を満たすことで1年間1000円引きだそうです。

元がSプランで2980なので1年間1980円はありがたい。

他にも、自分で最低契約期間を延ばすことで端末代が安くなるキャンペーンもあるので見てみてください。

最後に

まだ、マーケットリーダーが定まらないMVNO業界の中で一定の層には速度制限がないようなサービスを打ち出した楽天モバイル。現状の利用者は140万回線ほどで、大手3社には及びませんが着々と伸ばしているようです。

また、下記のニュースにあるように経済状況的に楽天は今勝負どころです。

楽天第四の携帯会社に 回線に最大6000億円投資

先行優位があるキャリア3社に対して、追いつくために攻め手を打ち続けなければなりません。なので少なくとも直近3年くらいはたくさんのキャンペーンが打ち出されると思うので、それもまた無意識に考慮に入ってたかもしれません。

是非検討してみてくださいね。

One Reply to “携帯はSIMフリー×楽天モバイルのスーパーホーダイが社会人の最適解だ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です