世界で一番怖いものは後悔だと思う

アイキャッチ

しんどいのは一瞬、後悔するのは一生、例えその後悔が消えないとしても自分らしく前へ進みたい

ーー

私は世界で一番後悔を恐れている。

それは、後悔することで今までの選択で得てきたものの喜びがなくなってしまうからだ。

あの、積み上げてきたものを満足に褒めてあげることもできず、ただ、記憶の中であのときなんで全力を尽くせなかったんだろうと考える度に悲しくなる事象が大嫌いだ。その度に少し自分を嫌いになってしまう。それまでの自分を許して、認めてあげられなくなる。そんな後悔が本当に大嫌いなんだ。

過去はいつもキラキラしている。あの何気ない日常も、何気ない悩みも、くだらない冗談で笑い合う空間も、全力を尽くしてぶつかりあう日々も、色んな感情の動きを、喜怒哀楽も全部意味があって素晴らしかった。

それら全てが良かった事と思えるように必死で生きる。関わってくれた全ての人に感謝できるように必死で生きる。全てによかったと言えるように必死で生きる。それしかできない。ただ正しいとわかることはそれだけなんだ。私たちが死ぬ時に後悔してしまったら、それらの出来事は急速に意味をなくしてしまう。最後の時間は未練の吐露ではなくて多くの人に感謝を残す時間として使い切りたい。

私には飲み会も、遊びも、趣味も必要ではない。ただ、理想の世界を作ろうと精一杯生きたと、一瞬も迷わず言えるような生き方をしたい。様々な後悔があるだろうけど私の中で消せない後悔は『妥協』だから全力を尽くし続けたい。死にきるその瞬間まで情熱を燃やしていたい。

夢や情熱というものは、具体的に形を持てば持つほど制約を伴い生きがたさを生むと思う。
こだわりが強くなければもっと自由に生きていけるのにと思う。
その中でどれだけ頑張っても何者になれないかもしれない。

社会は私たちに、一般的に正しい道をある程度指し示してくれている。だけどただそれを黙って受け取ることができない。

それでも、納得がいくまで悩み考え、選んだ答えなら、満足できるよね。

子供に胸を張れる生になるよね。

人生の全てを認め、人を尊敬した生になるよね。

24歳の私はそうあることを信じて生きる事しかできないのです。

多くを産んで死にたい。たくさんの人の役に立ちたい。お金や家庭問題に悩んでいる子供や家庭の力になりたい。貧困に喘ぐ人や、自分に自信が持てない人が胸を張って生きていける御手伝いをしたい。この世の全ては努力次第でどうにでもなるという世界観にしていきたい。

それは足るを知ることなのかもしれないし、夢を見ることかもしれない。それでもたくさんの人の、私と関わった人の苦が少しでも減ったり、幸せを感じられるようになったら、めちゃくちゃ幸せだよなあと思う訳です。自分が人を笑顔にすることができたと感じれたら一日頑張れちゃうわけです。

みんなハッピーになってほしい。せっかく産まれてきて辛い思いだけして死んでいくなんてそんなん嘘だよ。みんなが幸せになれない社会なんてクソだよ。生きて死ぬなら皆で笑いたいじゃない。

俺の人生もあなたの人生を捨てたもんじゃないよ。辛いなら俺とハッピーになりましょう。ハッピーなあなたはそのままハッピーでいてくれよ。謳歌しましょうよ。多くの先人達の闘争の果てに今様々な事を選ぶことができる自由があるのだから。

ハッピーハッピー五月蝿いけど、言葉で私は結構救われてますから。
言葉の力を信じて、訴えていきます。死ぬまで言葉で訴えていこうと思います。

その言葉の力を強くする方法はいまいちわからないけど、全力で生と情熱と向き合っていければと思います。

若気の至りですが、ここにしっかりと残して頑張っていきます。

読んでくださった方ありがとう。
今はまだ全然ですが、いつか必ず、多くの人が元気になれる文章を書いたり、伝えたりできるようになるので暖かく見守ってくれると嬉しいです。

2017/10/16 ロマンチストサラリーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です